スポンサーリンク

年収130万円以上のパート主婦が手取りを増やすためには?

スポンサーリンク
お金
スポンサーリンク

パート主婦が年収130万円以上になると
勤務先が中小企業、大企業にかかわらず
夫の社会保険上の扶養から外れます。

 

パート主婦本人が勤務先で
厚生年金や健康保険に加入できればいいですが
勤務先の社会保険に加入できるとは限りません。

 

勤務先の社会保険に加入できない場合は
自分で国民年金や国民健康保険に
加入しなければいけません。

 

パート主婦本人が税金を払い
社会保険料を払った結果
社会保険料がかからなかった
年収130万円以下の方が手取りが多かったという
手取りの逆転現象がおこります。

 

勤務先の社会保険に加入した場合と
自分で国民年金、国民健康保険に加入した場合で
手取りの逆転現象を改善できる年収と
気をつけるべきポイントをみてみましょう。

スポンサーリンク

年収130万円以上のパート主婦が勤務先で社会保険に加入した場合

パート主婦が年収131万円のまま
勤務先の社会保険に加入すると
手取りの逆転現象がおこります。

 

社会保険料は会社と折半になりますが
パート主婦の負担分と
所得税、住民税の負担の増加で
手取りが約110万円になってしまうのです。

 

計算上は
年収約155万円以上働くと
手取りの逆転現象が改善されます。

 

年収約155万円以上ならば
働けば働くほど手取りが増えます。

 

社会保険加入時には
年収約155万円以上になるように
勤務時間を増やしてもらえるか
確認したほうがいいでしょう。

 

勤務先の社会保険に加入のパート主婦は
年収155万円以上を目指して働きましょう。

 

目先の手取りも増えるし
厚生年金に加入することによって
将来的には年金も増えます。

年収130万円以上のパート主婦が国民年金、国民健康保険に加入した場合

国民年金、国民健康保険は
全額パート主婦の負担となるので
所得税、住民税も加わり
さらに負担が大きくなります。

 

手取りの逆転現象が改善されるのは
計算上、年収約170万円以上の場合となります。

 

年収130万円以上になり
夫の社会保険上の扶養から外れる場合は
まず、自分の勤務先の社会保険に
加入できるかどうか必ず確認しましょう。

 

自分の勤務先の社会保険に加入できない場合は
自分で国民年金、国民健康保険に加入します。

 

年収約170万円以上にならないと
逆転現象が改善されないことを考慮し
勤務時間の確保ができるかの確認も必要です。

 

がんばって働いても手取りが増えないなら
働き方を考える必要がありますね。

 

まとめ

手取りの逆転現象を改善するために

 

・勤務先の社会保険に加入のパート主婦
年収約155万円以上を目指して働こう。

 

・勤務先の社会保険に加入できず
国民年金、国民健康保険に加入のパート主婦
年収約170万円以上を目指して働こう。

お金
スポンサーリンク
スポンサーリンク
アンナナをフォローする
スポンサーリンク
アンナナのパート主婦ブログ

コメント