スポンサーリンク

台湾おすすめのオプショナルツアーは九份と十分

スポンサーリンク
旅行
スポンサーリンク

台湾の観光には、お手軽なオプショナルツアーに参加しました。

九份と十分の両方に行けるツアーを、出発の数週間前にベルトラ(VELTRA)で予約して行きました。

このツアーを選んだ理由は、大人気の観光地十分で天燈上げを体験し、夕刻から夜にかけての九份に行けるのがポイントでした。

解散は夜市か駅を選べるのも良かったです。もちろん、夜市で降りました。

出発の集合場所はオークラプレステージ台北です。ホテルの外で待っていると、ベルトラのガイドさんが迎えに来てくれました。きれいなバスでツアーに出発です。

スポンサーリンク

十分で天燈上げ体験

バスの中で天燈の色を選びました。それぞれの色に健康や金運などの意味があるそうですが、天燈を準備する店によって意味が違うので好きな色でいいですよ、とのことでした。

追加料金を払うと4面違う色にもできるそうです。

あいにくの曇り空なので、なるべく見やすいようにオレンジの天燈を選びました。

天燈上げのお店に着くと、準備されたオレンジの天燈に墨と筆で思い思いの願い事を書いていきます。

4面書けて準備できたグループから順番に着火し天燈を上げていきます。

親子3人で線路上で天燈を持ち、お店のお姉さんが4面の写真を撮ってくれます。

お姉さんの合図で手を離すと、ゆらゆらとでもあっという間に空高く天燈が上っていきました。手を離す前から写真と動画を上手に撮ってくれていて、さすがでした。

途中、雨が降ってきました。天燈を上げるために立っていた線路を電車が通るのも見れました。電車が通るときには線路からわらわらと人が避けて行く様子、目の前を通る電車、何だか昔の日本映画のようでした。美味しいイカの天ぷらもお店で買って食べました。

十分の滝

台湾のナイアガラと言われる十分の滝。ガイドさんの案内で滝まで歩いていきます。

雨が降っているときは足元が滑りやすいので、注意が必要です。

ガイドさんに記念撮影をしてもらい、帰りのお土産屋さんにあったフレッシュなアップルマンゴーを食べました。ちょっと時期が早いけど、甘くて美味しかったです。

九份散策

映画「千と千尋の神隠し」に出てくる町並みによく似た九份です。

この頃にはさらに雨が酷くなり、傘を差しましたが余り意味がありませんでした。雨でも関係なく人は多かったです。

九份は階段などの通路が狭く、はっきり言って傘は邪魔でした。大雨になってきたので仕方なく傘を差していましたが、カッパの方が断然おすすめです。

ガイドさんが九份はそんなに大きな町ではなく、地図に載っていない小さな横道があるが、上に行っても下に行ってもメインの通りに繋がっているから大丈夫と教えてくれました。

下にあるメイン通りを歩いていると、上に行く細い階段を見つけました。ガイドさんが言っていたので試しに上がって行くと、傘をたたんでやっと通れるほどの真っ暗な曲がりくねった細道と急な階段がありました。

さっきまであんなにたくさんいた人は誰もいません。道を間違えた?神隠し?と一瞬思うほどでしたが、バーワンという食べ物が人気のお店の軒先に繋がっていました。

メインの通りはものすごい人で、雨の中移動しているので、下りるのに時間がかかりますが、発見した抜け道を通るとあっという間でした。

九份は町全体が不思議な雰囲気に包まれていました。あいにくの雨で夕暮れ時の町があまり散策ができなかったのが残念でした。

天気のいいときにもう一度訪れて、のんびりお茶しながら景色を堪能したり、他の秘密の抜け道(?)を探してみたいなと思いました。

九份、十分のオプショナルツアーの感想

天気が悪く途中から大雨でした。こればかりはどうしようもないですが、もう1度天気が良いときに来たいなと思えるツアーでした。

ガイドさんの説明もわかりやすく、あの人混みのなかで、誰も迷子にならなかったのはガイドさんの大きな声のおかげかなと思いました。

十分の滝は1度行けば満足なので、次回は九份と十分のみのツアーに参加したいです。

十分での天燈上げはランタンフェスティバルといのもあります。夜に一斉にたくさんの天燈が上がるのも、幻想的なので見てみたいです。

九份は雨でじっくり散策できなかったけど雰囲気は良かったので、リベンジしたいですね。

ツアーの帰りは夜市で下車しました。夜市で食べ歩きをして、夜市の入口にいたタクシーでホテルまで帰りました

旅行
スポンサーリンク
スポンサーリンク
アンナナをフォローする
スポンサーリンク
アンナナのパート主婦ブログ

コメント