スポンサーリンク

グアムで美味しかった食事、おすすめのレストラン

スポンサーリンク
旅行
スポンサーリンク

旅行の楽しみといえば、食事ですよね。食べることが大好きなので、グアムでもたくさん食べましたが、まだまだ食べ足りませんでした。大きな胃袋が欲しいです。

 

美味しかったお店をレポートします。

 

スポンサーリンク

昼食

ビーチンシュリンプ

パシフィックスターリゾート&スパから歩いて10分くらいのところに、ビーチンシュリンプ(BEACHIN’ SHRIMP)というエビ料理専門のお店があります。こちらは2号店になります。

 

店に着いたのは午後3時ごろでした。ランチタイムが終わって、お客さんが少ない時間帯でした。夜にファイアーダンス&バーベキューが控えていたので、ビーチンシュリンプでは簡単にすませようということになり、持ち帰りで注文しました。

 

注文したもの
・カリフォルニアシュリンプロール11.99ドル
・To-Go容器代0.5ドル

 

持ち帰りはテイクアウトではなくて、To-Go(トゥーゴー)って言うんですね。びっくりです。合計12.49ドルで持ち帰りの場合、サービス料はかかりません。支払はクレジットカードが使えます。

 

カリフォルニアシュリンプロール
近くのコンビニで、飲み物を買ってさっそく頂きます。メインの具材はエビとアボカドとチーズ。それを春巻きみたいに棒状にくるくる巻き、油で揚げてあります。斜め半分に切ったものが6個入っています。

 

出来たてアツアツなので、火傷に注意しながらをソースにつけて食べます。ソースは少し辛いので、子供はそのままのほうが美味しいと言っていました。中にはさらに、ベーコンとオニオンが入っていています。

 

ぷりっとしたエビと少しとろけたアボカドに、伸びるチーズがからみそのままでも絶品です。ソースはクリーミーなのかと思ったら、予想に反してスパイシー。ソースをつけて食べると、また違った味わいが口に広がります。

 

ビーチンシュリンプはグアムでも人気で、マイクロネシアモールに3号店がオープンしています。ランチタイムやディナータイムは待ち時間ができる場合があるので、時間を少しずらしていくといいです。3時は本当にすいていたので、商品もすぐに作ってくれました。

スポンサーリンク
2回目のビーチンシュリンプ

子供は初日に食べたカリフォルニアシュリンプロールが、すごく美味しかったようです。なんと次の日も昼食に同じのが食べたいと言うので、またビーチンシュリンプに行きました。

 

この日も、ランチ時間をずらし2時すぎに来店したので、空席がありすぐに座れました。この時間でも数組の人たちが食事をしていました。

 

私は一番人気の、店名にもなっているビーチンシュリンプというスープが食べたかったのですが、量が多いしピリ辛なので子供が食べられそうになく、諦めました。ビーチンシュリンプスープは長時間煮込んだエビ入りのスープです。パンにひたして食べると絶品だとか。

 

注文したもの
・カリフォルニアシュリンプロール11.99ドル
・ココナッツシュリンプ スイートポテトフライ添え17.99ドル
・カラマンシークーラー4.5ドル
・ストロベリーバナナスムージー6.5ドル

 

ココナッツシュリンプ スイートポテトフライ添え
さっくりと揚がったエビフライなんですが、ココナッツがパン粉部分に使われていています。ほんのりココナッツのいい香りがして、スイートチリソースにつけてたべるとさらに美味しかったです。

 

スイートポテトフライはさつまいものフライです。私が大学イモを作る時、さつまいもを揚げると切り口がカリカリになるし、下手したら口の中にささるぐらいの硬さになるのですが、これは食感が全然違いました。

 

日本のじゃがいものフライドポテトは、英語でポテトフライです。スイートポテトフライは甘い(スイート)じゃがいものフライなの?いやいやさつまいものはずだよねっ、と思うほどさつまいもとは何かが違うんです。日本のさつまいもとは違う種類なのか、調理方法が違うのか、ほんのり甘くてほくほくでした。

 

カラマンシークーラー
カラマンシーとは東南アジア、とくにフィリピンで多く栽培されている柑橘類。ビタミンCが豊富に含まれ奇跡の果実と言われているそうです。その果汁を使ったドリンク。さわやかな酸味が口の中をさっぱりしてくれます。飲みやすく、暑いグアムにぴったりでした。

 

その他の注文は、子供の飲み物でストロベリーバナナスムージーの以上4点で、サービス料10%(4.1ドル)を加えて合計45.08ドル。2人にしてはいいお値段ですが、美味しかったので満足です。サービス料10%は会計にすでに加算されているので、心配無し。

 

スポンサーリンク

夕食

プロア

グアムでチャモロ料理を食べるならプロアといわれるほどの人気店。宿泊ホテルのパシフィックスターリゾート&スパから、散歩がてらのんびり歩いて行きます。

 

海側の歩道を歩いたのですが、木々の間にたくさんのトカゲを見つけました。PICグアムを通り過ぎ、道路の向こう側には、ビーチンシュリンプが見えました。トカゲやきれいな花を見ながら、15分ほど歩くと、イパオビーチの入り口付近にあるプロアに到着しました。

 

時間は夕方4時過ぎだったので、すぐに座れました。お客さんは他に3~4組が食事をしていました。5時半頃から生歌と生演奏が始まり、かなり雰囲気良かったですが、カジュアルなレストランなのでみんな普段通りの服装といった感じです。

 

注文したもの
・Proa Style Beggar’s Purse(まぐろのクレープ)14.95ドル
・Big Feller Trio(トリオBBQ)22.95ドル
・Calamansi Cooler(カラマンシークーラー)4ドル
・Iced Tea(アイスティー)2.75ドル
・New York CC Slice(チーズケーキ)6.95ドル

 

まぐろのクレープ
見た目がかわいい、ころんとしたクレープの巾着つつみです。開くと中から、味付けした生マグロがでてきます。まわりのドレッシングをつけて食べると、かすかにガーリック香りがし、日本人が好みそうな味です。評判通り美味しいです。

トリオBBQ
ショートリブ、スペアリブ、チキンのトリオです。ショートリブは牛の肋骨周辺の肉で、肉と脂がミックスされ濃厚な味わい。スペアリブは豚の肋骨周辺の肉で、噛むほどに肉のうまみが感じられました。

 

日本のちょっとお高い肉のような柔らかさはないです。でも、香ばしく焼かれた肉は歯ごたえがあって、甘辛いタレが程よくしみ込んでいて、日本人ならみんな好きな味だと思います。

 

マナー的にどうなのかわかりませんが、骨付きで食べにくかったので、手で持ってかじりつきました。

 

付け合わせはサラダとレッドライスとフィナデニソース。フィナデニソースはピリ辛玉ねぎ入りのポン酢のような感じです。レッドライスはアチョーテという植物の実で色付けしたご飯で、辛くなくあっさりした味なので、肉と一緒に食べたり、フィナデニソースと一緒に食べたりしました。見た目はケチャップライスのようですが、辛くないです。

 

デザートはどうですか?と聞かれたので、ニューヨークチーズケーキを頼みました。

 

全て2人でシェアして食べました。私はもう少し肉を食べたいなと思う量でしたが、子供はちょうどよかったようです。

 

他にドリンク2品とサービス料10%(5.16ドル)を加えて合計56.76ドル。伝票にすでにサービス料10%が入っているので、チップの心配ありません。クレジットカードで支払いできます。

営業時間11:00~22:00

 

旅行
スポンサーリンク
スポンサーリンク
アンナナをフォローする
スポンサーリンク
アンナナのパート主婦ブログ

コメント