スポンサーリンク

グアム初めての個人手配旅行。特典航空券からオプショナルツアーまで

スポンサーリンク
旅行
スポンサーリンク

飛行機にほとんど乗らないけど、地上で地道にマイルを貯める陸マイラーになって数年。使用期限がせまってきたマイルを使うため、特典航空券を利用し個人手配でグアム旅行を計画しました。私と子供の2人旅です。

スポンサーリンク

特典航空券

私が貯めているのはANAのマイルです。ANAマイレージクラブの会員になると、様々な場面でマイルを貯め、使うことができます。

グアムまでの必要マイル数の確認

座席のクラス、ゾーン、シーズンによって必要なマイルが違います。
・Y(エコノミークラス)利用
・日本ーグアムは(ゾーン1)-(ゾーン3)
・搭乗日のシーズン2019年
L(ローシーズン1/7~1/25、4/1~4/25、5/8~6/30、12/1~12/19)17000マイル
R(レギュラーシーズン1/26~3/31、7/1~8/1、8/20~11/30)20000マイル
H(ハイシーズン1/1~1/6、4/26~5/7、8/2~8/19、12/20~12/31)23000マイル

ゾーンとシーズンの確認をして、2人で40000マイル必要とわかりました。特典航空券の利用申し込みもANAマイレージクラブのサイトから行います。

マイル利用のポイント

特典航空券の有効期間は発券から1年間。有効期間内なら搭乗日と便名のみ変更できます。搭乗者、航空会社、区間、経由地などは変更不可です。

②夫のANAマイレージクラブで貯めたマイルを利用します。事前に特典利用者登録をすると、夫が一緒に旅行しなくても、配偶者である私や子供だけの旅行で特典航空券を利用できます。

特典利用者登録は、会員の配偶者・同性パートナー・2親等以内の家族(父母・祖父母・兄弟とその配偶者・義父母・義祖父母・義兄弟とその配偶者・子供とその配偶者・孫とその配偶者)最大10名までとなっています。

家族のマイルを合算して特典交換できるが、事前登録が必要。私個人で貯めたマイルも合算できるので、マイルを無駄なく利用できます。

④国際線の場合は税金、空港使用料、燃油サーチャージが別途必要。為替の影響で予約時で若干の差がでますが、2人で約30,000円かかります。国際線の特典航空券をマイルで発券しても、別途約30,000円必要だというのは知りませんでした。意外に高い!ちなみに、国内線の特典航空券の場合は諸費用は無料です。

マイルの貯め方

①飛行機を利用するとマイルが貯まります。でも普段の生活では飛行機に乗る機会もほどんどない状況です。

②ANAカードのクレジットカードを利用する。コンビニ、ガソリンスタンド、スーパー、通販などクレジットカードが利用できる場合は全て使っています。

現金が減らないので、使いすぎに注意です。私はクレジットカードを利用したら、その金額分の現金を別封筒で管理するようにして、使いすぎに気を付けています。

③私がよく使うのはANAマイレージモール経由し、楽天で買い物。ANAマイレージモール経由することにより、200円につき1マイル貯まります。ANAカードのクレジットカードで支払うことにより、100円で1マイル(カードによってマイル数は違います)

楽天カードで支払う方が、楽天スーパーポイントが多いときは、楽天カードで払う場合もあります。

楽天スーパーポイント2ポイントで、ANAマイル1マイルに交換できます。交換可能なポイント上限が決まっていて、20,000ポイント/月、1回に交換可能なのは1,000ポイント/月となっているので注意が必要です。
ANAのふるさと納税もよく利用します。寄付金額100円につき1マイルつきます。支払いもANAのクレジットカードで100円につき1マイル。

マイルの有効期限

マイルの有効期限は3年間です。正確にはマイルを獲得してから、36カ月後の月末までです。国内線の特典航空券だと5,000マイルから利用できるので3年あれば特典航空券に交換も可能ですよね。

もしマイルが貯まっているなら、有効期限が切れる前に特典航空券に交換しておくと、特典航空券は発券から1年間が有効期限なのでとりあえずの期限が伸びることになります。でもキャンセルするとキャンセル手数料として3,000マイル、有効期限の切れたマイルは戻ってこないので注意が必要です。

特典航空券を予約する

国際線の特典航空券を予約する場合

旅程の復路ご搭乗日の355日前(ご出発日含まず)午前9時(日本時間)から第一区間出発の96時間前までお申し込みになれます。※往復同時予約及び発券が条件になります。
ANA「お申込期間と発券期限」より引用

1年先の計画なんて立てられますか?私は無理ですが、人気路線は予約が取りずらいので、みなさん行動が素早いみたいです。搭乗日と便名の変更ができるので、変更を前提に予約しているのかもしれないですね。

私は、平日の予定だったので比較的空席があり予約しやすかったです。

ただ、国際線の特典航空券の場合、カレンダーから空席確認しようとしても希望の出発地と到着地が選択肢にありませんでした。普通に「特典航空券予約」の画面から検索するしかないのが、少したいへんでした。「前後3日の空席を比較」にチェックを入れても空席がないとなかなかヒットしないので、難しかったですね。

カレンダー検索も半年分だけで、それ以降は普通に検索しないとだめです。カレンダー検索が便利なので、できたらいいなと思いました。

スポンサーリンク

ホテル予約

個人手配の場合、旅行の目的によってホテルの場所を決めることができます。

グアム旅行はシュノーケリングが一番の目的だったので、シュノーケリングが手軽にできる場所を一番に考えました。イパオビーチに近いホテルで、値段が手頃なホテルということでパシフィックスターリゾート&スパに決めました。

買い物がしたいならタモン中心部とか、観光が一番とか目的によってホテルを探せるのが個人手配のいいところです。

旅行会社のツアーでよくあるのが、ホテルをランクごとに分けていて、ランクは選べるけどホテルは選べないパターンですよね。ホテルの決定も、ある程度の期間になるまでわかりませんし。追加料金を出せば、ホテル指定も選べますが、旅費をお安くしたいときはちょっと不便です。

個人手配だとホテルが決まれば、そこから現地での行動が一気にイメージ出来てきます。食べたいものや、買いたいものがあればホテルを中心に考えられるし、必要な交通手段もある程度予測できるので、日本での事前の予定が立てやすかったです。

Hotels.comを利用

今回私が利用したのは、

Hotels.comというサイトです。初めての利用で、予約できてる?支払は大丈夫?と心配しましたが、予約確認メールや領収書などを印刷して持って行きました。ホテルフロントでその紙を見せると、チェックインもスムーズにできました。

Hotels.comはANAマイレージクラブ経由で予約すると、200円につき1マイル貯まります。支払いももちろんANA付帯のクレジットカードです。

Hotels.comは10泊ためると1泊無料というサービスがあります。期限は最後に利用してから1年間ですが、よく利用する場合はとてもお得なサービスだと思います。

スポンサーリンク

オプショナルツアーの予約

オプショナルツアーの予約ができる専門サイトがあり、自分が行きたいオプショナルツアーを好きなだけ選べます。今回は゜:*★グアムのオプショナルツアー予約VELTRA★*:°

というサイトで、申し込みました。こちらもANAマイレージクラブを通して予約すると、200円で1マイル貯まります。今ならマイルUP期間として2019/01/17〜2019/04/03の間、200円で2マイル貯まります。

フィエスタリゾートBBQ付きポリネシアンダンスショー

グアムでファイヤーダンスショーを見たいということになり、フィエスタリゾートのビーチサイドBBQ付きポリネシアンダンスショーを予約しました。

送迎付きでBBQ食べ放題、飲み放題。時間通りに迎えの車が来てくれましたが、次のホテルで乗る予定の人がなかなか来ずに、到着が少し遅くなりました。

天気が悪く弱い雨が降っていましたが、屋根付きのBBQ会場だったので大丈夫でした。食材は少し離れた建物の中に並べられているので、自分で取りに行って自分で焼きます。

肉類・貝類・サラダ・デザートなどありました。ケーキが美味しかったので、あとでもう一度食べようと取りに行くと、もう無くなっていました。ケーキ類は補充されないようで残念でした。

暗くなってから始まったダンスショーのときには雨もあがり、ポリネシアンダンス&ファイヤーダンスを堪能することができました。大規模なショーではないけれど、ダンサーとの距離が近く、迫力がすぐに伝わってきて、すてきなショーが見れて満足でした。

ショーの後にダンサーとの記念撮影もあり、いい思い出になりました。帰りもホテルまで車で送ってもらいました。暗くなっていたので、送迎がついていて安心でした。

オンワードウォーターパーク1日フリーパス

9時半ごろホテルに迎えの車が来て、混載でオンワードウォーターパークまで連れて行ってくれます。

このウォーターパークには「マンタ」と呼ばれる日本未上陸の絶叫アトラクションがあります。アトラクションの滑り台が、マンタが泳ぐときにヒレがV字になったときの形に似ています。子供と2人で浮き輪に乗り、高さ12メートルから滑り落ちるのですが、下が見えないし真下に落ちる感覚で絶叫しかありませんでした。怖かったけど、初めての体験ができてよかったです。

この他に4つのウォータースライダーがあり、人が少ないのでとにかく乗り放題で満喫できました。流れるプールも、のんびり周りを気にせず流れていられるのでよかったです。

オーシャンZIPというジップラインがありました。プールで泳いでいる人の頭上に張られたロープを滑って行きます。距離はそんなにないけれど、気分爽快になれます。

ビーチにあるマリンクラブでは無料でカヌーレンタルができますが、予約制のため早めに行って予約することをおすすめします。ひょっこりひょうたん島のモデルになったといわれる、アルパット島までカヌーで行きます。アルパット島は岩が多いので、マリンシューズをはいて行くと安心です。

魚もそこそこいますが、それほど透明度は高くないのでシュノーケリングというより、無人島上陸体験でした。カヌーが進まない、方向が違うと子供と言い合いながらも、楽しい体験ができました。

帰りはオンワードホテルのフロントでタクシーを呼んでもらうのですが、名前を告げて呼んでもらうわけではなかったので、私たちが頼んだタクシーに他の人が先に乗ってしまっていました。ちょっと悲しい出来事でした。

スポンサーリンク

アメリカ未成年者渡航同意書

未成年者がアメリカに旅行する際、注意すべき点があります。私と子供のように未成年者が片方の親のみと旅行する場合には、未成年者渡航同意書というものを英語で準備する必要があります。

未成年者(18歳未満の方)が単独、または片方の親同伴で渡航をされる際は、両親か同行をしない親からの渡航同意書のご用意をお願いしております。

「ESTA申請ウェブサイト」より引用

子供の親権問題や、片親による連れ去り、犯罪による連れ去りなどに対応するためです。未成年の子が単独で旅行をする場合、未成年の子が親意外の大人と旅行する場合(修学旅行など)にも、同行しない親の渡航同意書が必要です。

ESTA申請ウェブサイトには英文のテンプレートと日本語訳の書き方があるので、記入しグアム旅行に持っていきました。今回の旅行では入国審査で提示を求められることはありませんでしたが、入国拒否などのトラブルがないように、日本で準備して必ず持っていきましょう。

海外旅行保険

日本だと健康保険のおかげで、医療費は3割の負担でいいですが、海外だと全額自己負担になり非常に高額になります。気をつけていても突然の病気やけがは防ぎようがないこともあるので、海外旅行保険は必要です。

クレジットカードに付帯した海外旅行保険もありますが、保証金額が少なかったり、必要な条件が設定されている場合もあるので、それで大丈夫と思わずに確認しましょう。

今回のグアム旅行ではシュノーケリングで海に入るし、食べ物も違うのでお腹も心配です。治療費用を手厚くし、保険料は安くしたかったので「損保ジャパン日本興亜」の新・海外旅行保険【off!】で申し込みました。

ウェブサイトで申し込みと支払ができ、クレジットカードの付帯保証金額が少ない場合には、追加で必要な保証だけをつけられるオーダーメイドプランがあります。さらに保険料がお得なファミリープランやカップルプランがあり、年齢制限もないので乳幼児から高齢の方まで加入できます。

一般的なカップルプランで治療費用を2,000万円にすると、保険料が2人で3,000円弱の見積もりが出ました。自分が必要とする補償金額と保険料の両方で検討すると、安心です。

グアムでのWiFiとスマホ充電

宿泊ホテルパシフィックスターリゾート&スパで無料WiFiが使えると事前にわかったていたので、ルーターレンタルはしませんでした。食事や買い物などの予定は日本で立てておき、必要な情報は事前にスマホに保存しておきました。スマホは写真撮影がメインです。

友達と別行動をするとか、調べながら行動したいという人にはWiFiは必須かもしれません。私と子供は一緒に行動していたし、わからないことは英語の勉強だから、誰かに聞こうというスタンスで行きました。

学生時代にグアムに行ったときは、スマホはなかったけれど、ガイドブック片手に楽しめた記憶がありました。結果、今回のグアム旅行もスマホなしで充実したものになりました。

スマホの充電器を持っていきましたが、ホテルのコンセント差し込み口の形状は日本と同じでした。充電器は100V-240V対応だったので問題なく使えました。

空港ーホテル間の移動

行きの空港からホテルまでの移動はタクシーが便利です。空港前にはたくさんのタクシーがいるので比較的すぐに乗ることができます。パシフィックスターリゾート&スパまで10~15分ぐらいで、チップ込み25ドルとスーツケース1個につき1ドルでした。運転手さんもフレンドリーでした。

帰りのホテルから空港までの移動はDFSまで無料シャトルバスで行き、そこでユナイテッド航空のチェックインをして無料送迎バスで空港に行くことにしました。タクシー代を節約しようとしたのですが、DFS行き無料シャトルバスで失敗してしまいました。

旅行
スポンサーリンク
スポンサーリンク
アンナナをフォローする
スポンサーリンク
アンナナのパート主婦ブログ

コメント